「あなたたちのことは全然知らない。」

だけど、本当はイエス様は知っておられるのだと思います。
見返りを求めずには水一杯すら差し出すことのできない私を。
それなのに、「できる人」に見せかけようとしている私を。

その本当の私を、イエス様だけは知っておられる。
知ったうえでイエス様は、水一杯どころか、ご自分の命を差し出してくださった。
そして求めておられるのだと思います。本当の私自身を。

ゴーさんがお便りにお書きくださった、正直な本当のゴーさんを、イエス様は「わたしは知っている。あなたを全部知っている。だから、わたしはあなたにわたしの命をあげた。全部あげた。だからあなたも、そのあなたを、あなたの良い行いや立派な何かではない、あなた自身を、わたしに差し出しなさい。」そう招いてくださっているのですよね。

だからどうか正直に「イエス様、私は傲慢です。水一杯、見返りを求めずには人に差し出せない者です。どうか赦してください」と、このありのままの自分をイエス様に差し出すことができますように。
イエス様が求めているのは、私たちの何かではなくて、ゴーさん自身、よな子自身だから。
そして、この私たちのために差し出されたイエス様の命を受けて、生きることができますように。

皆さまからのお便り、ご感想をお待ちしています>>

4件のコメント

  1. ごんべぇ~

    >正直であること
    ~と、冒頭からあるので・・・
    今の私の正直な気持ちを述べます。
    最近、兄弟姉妹間で、ゴタゴタしてて、正直、真剣な話に傾聴し、感想を述べる気になれません(>o<) ラフな話に癒やされます。 トマ子さんも、頑張っているようですね! 聖書通読~以前のツイッターでのリレー通読なら、私も続けられたかも(笑)どうして、終ちゃったんだろう? 残念(≧∇≦)b なんか、かたっくるしいのは、疲れます。 イエス様って、ユーモアのある方だったんですよね!?

  2. アカシア

    一杯の冷たい水。
    普段なら、どうということもない、どうぞとコップにナミナミ入れて渡せますが、砂漠のど真ん中で、さまよっていたら、残りこれだけという貴重な水を譲れるでしょうか。
    40年前のことですが、当時の高校の運動部は水の摂取はノーだったんです。体の動きが悪くなるというのが理由です。だから朝7時からの練習で12時の昼飯の時間まで、一滴も飲めないんです。12時になって、3つか4つしかない水道の蛇口を争って、けんかまで起こした私には、とても砂漠で水は譲れないだろうなあと、頭をかいてます。
    岩渕さんの歌はユーチューブで聞けます。やさしい歌声ですが、内容は本当に厳しい指摘です。

  3. こすけ

     洗礼を受け、教会に通う者でありながら、ちっとも聖化されていかない自分、もしかしたら救われていないのでは?と不安になることがあります。
     あなたのことは知らない、悪いしもべだ、このようなことを宣告されるのでは…
     どうか憐れんでください。
     私自身を捧げることができますように。アーメン

  4. 匿名

    ゴーさん こんにちは (^o^) あなた様 の 書きこみ を お読み しまして、あなた様は、正直な 御方 だと 思いました。そうですよね 見返り云々 等々……? 私も きっとそう 見返り を 求めて いるのかなぁ~ そ~う 思っています。私は「我が身が 一番可愛い」・・・残念ながら そのような あさましい 人間であります (-_-;)  情けない です けれども。       タクさん より

コメントは受け付けていません。