十字架につけられたキリスト以外、何も知るまい

カエルさん、お便りをありがとうございます。
家で暴れて罵倒するご主人との生活、どんなに怖くて辛い日々だったかと思います。
それだけでも十分すぎるくらい苦しんでいるのに、
教会のかたたちの言葉でさらに追い詰められて、
ご自分が死ぬか、夫を殺すかしかないと思いつめるほどに・・・。

本当によく耐えられたのだと思います。
そのカエルさんに「なぜ離婚しないのか」と言ってくださった牧師がいて、本当によかった。

そして思いました。
もう離婚せざるを得ないほどに苦しんで苦しんで苦しみ抜いて
深く傷ついて、教会に行くことのできなくなってしまったカエルさんを
神様は嫌うどころか、深く憐れんで、
今、カエルさんに一番必要なものを与えてくださったのだと。

十字架につけられたままのキリスト。

ご自分に必要なのはただこのおかただけ、
そう気づかれたのですね。

これ以上の恵みがあるでしょうか。
たくさんのものを失って、たくさん傷ついたけれど
イエス様はそこに近づいてきてくださったのですね。
十字架につけられたままの姿で。

「このかたの他は何も知らないと決心すればいい」
そうおっしゃれることこそ真の証しです。

(下のページ番号をクリックして続きをお読みください)